BLOG
【院長コラム①】尿路結石について

  だんだんと暑くなってきましたね。

 

 熱中症も心配ですが、これからの季節、泌尿器科で増えてくる患者さんの病気の一つに「尿路結石」があります。

 

 今回は「尿路結石」について院長の結城より、お伝えします。

 

 

 

 尿路結石は、腎臓でできた結石が尿路に詰まり、尿の流れが悪くなってしまう病気です。

 夏場は水分が不足しがちになるため、尿の濃度が上がり、結石ができやすくなります。

 尿路結石の典型的な症状としては、激しい痛みと血尿があります。

 痛みが激しい場合は、痛みを抑える座薬や点滴などを投与します。

 ただし、鎮痛薬だけでは結石はなくなりません。自然に出てくるのを待つか、外科的治療を行います。

 

 

 

 水分を十分にとり(1日2リットル以上が目安)、バランスのとれた食事をとり、適度な運動をすることが再発の予防になります。

 

 

 

 毎日の生活の中で少し気を付けることで、これからも快適な暮らしを愉しみましょう。

 

 

 

2020年07月27日